ツインレイ実話 本当にあったツインレイ体験談③

ツインレイ実話体験

こちらでは実際にツインレイ体験をした方の実話体験談を記載しています。

やはり実際に体験した方の体験談は参考になることと思いますので、是非ご自身の体験と照らし合わせていただければと思います。

お互いに性格は違うけれど気を遣わずに素を見せることができる

私には一人だけ、30年近い親友がいます。お互いに「ツインレイ」だと思っています。

お互いピアニストですが、いつも選曲がかぶり、洋服の色もかぶっています。

お互いに性格は全然違うのですが、「こんなに気を遣わず、素の自分を見せられる人は初めて」だと思っています。

他の友人とは違うのです。マメに会っているかというとそうでもありません。

年に数回しか会えない年もあります。

ツインレイとはとても不思議で、数年に一度、約束もしてないのに遭遇できます。

何度か特急の指定席が隣で会いました。

今日は何だっけ?」「何でここにいるの?」とお互いに言いました。

知り合う前から、ずっと子どもの頃から同じコンサートに出演していました。

なのでプログラムを見ると引きます。

知り合ったのは成人してからですが、10歳のころにはお互いの演奏を知らずに聴いているのです。お互いに「魂の片割れ」だと思っています。

ツインレイは心で繋がっているのでお互いが音信不通でもあまり気になりません。

お互いが会えるのを知っているからです。

ツインレイは必ず結ばれるワケではなく、試練もあるそうです。

そしてまた生まれ変わっても会えるそうです。ツインレイはお互いの長所も短所も理解できる不思議な存在です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました